教員・講師募集

在職職員の声

小林有希

大竹学園に勤め始めて早いもので7年目になりました。もともと、「先生になりたい!」と思っていたわけではないんです。管理栄養士の資格を生かした仕事がしたいなぁと思って、大学の求人票を見ていたら、採用を見つけて。「こんな仕事もあるんだ」とびっくりしたのを覚えています。先生の仕事の良い所は、いつも元気な生徒達と接しているので、自分自身いつまでも子供心を忘れないでいられるってところでしょうか。それと、人前で立つことに緊張しなくなった点もこの仕事に就いて良かった点ですね。でも、最初のうちは辛いことも多かったです。人と人との仕事なので、生徒に思いが伝わらなかったり、保護者の方にも意思疎通がうまくできなかったり…。まぁ今ではそれも良い経験だと思っています。

大竹学園の生徒達は、本当に明るくて元気が良いです。良い子達です。授業でも、私がふった話題に、とても良く反応してくれ、おかげでいつも良い気分(笑)行事も、生徒は本当に夢中になって取り組みます。私は特に合唱祭が好きです。クラスで一生懸命歌っている姿を見ていると本当に感動しますよ。私が高校の頃はもっと暗かったから、生徒達が青春を謳歌しているのを見て、良いなぁ羨ましいなぁなんて思います(笑)楽しいことばかりではないですが、卒業式の「ありがとうございました!」のために今日も頑張っています!

大竹学園の魅力は、まずは先生達がやりたいと思ったことをやらせてくれる校風にあると思います。そうした自由な空気が、職員室にも広がっていて、女性が多いというのもあるのでしょうが、食べ物やファッションの話で盛り上がったり・・と、とても明るい雰囲気です。人見知りではないのですが、社会人1年目の時は、学生の時とは違う「仕事の人間関係」に戸惑いました。でも、少しずつ話をしているうちに今では、みんなと打ち解けました。だから今は本当に毎日が楽しいです。

今後は、さらに色々と吸収して、他の先生とかぶらない、良い意味でネジが外れた先生になりたいです(笑)やはり生徒からもっともっと人気になりたいですからね。最後に、これから大竹学園の職員採用試験を受ける方へ。「管理栄養士という枠を超えて、面白いことがたくさんできる人になろう!」と思える人が、きっと高評価です。私達もそういう気持ちの人となら一緒に楽しく仕事ができますし、何よりも生徒達は、「専門家」ではなく「楽しく親しみやすい先生」を待っているからです!

  • 川幡浩恵
  • 小林有希
  • 小泉あゆみ
page top