学校案内

調理服・実験服のご紹介

学生の声からできた、かっこいい実習服。

目指したのは、「かっこいい」実習服です。
「栄養士の学校の実習服はどれもあまりかっこよくない。」そんな学生の声に応えました。
調理の授業で着用する〝調理実習服〟は、カフェ・レストランをイメージ。
「栄養士は調理師に負けない料理が出来ないと!」という本校の想いを形にしました。
実験の授業で着用する〝実験実習服〟は、化学者をイメージ。
一番楽しい授業である「実験」を華やかに彩ります。

調理実習服

帽子

一斉に調理をする際には、コック帽では邪魔になるため、動きやすく視認性も良いキャップを採用しました。

帽子
コックコート

あの有名なZUCCaから派生したHAKUIというブランドのコックコート。どこよりもカッコよく、どこよりも洗練されています。

コックコート
エプロン

同じくZUCCaブランドのHAKUIのエプロン。パンやお菓子を作る時は、肩からかけて。お客様の前に出るときには、腰で巻くソムリエエプロンにも変身します。

エプロン
靴

お馴染み「クロックス」の調理現場専用シューズ。その名も
「Crocs Bistro」
長時間履いていても疲れず、防臭効果もある優れものです。通常、市販はされていない特注品です。

靴

実験実習服

衿

衿を立てても、寝かせても。好みで形を変えることができる仕様となっています。

衿
生地

織り方を不規則にした、薄手で軽いメッシュ生地。
裏面が点接触のため、まとわりつかず涼しい触感です。

生地
袖

袖は腕まくりのしやすい七分丈となっています。
実験で引火したり、薬品で汚れてしまわないように配慮されています。

袖

ある学生の声

今までの実習服はいまいちでした。だから、実習服が変わり、かっこよくなりすぎで、「ずるい」と不満続出です(笑)就職したら、こんなにかっこいい服は着られないのでしょうが(笑)。それでも学生時代は、夢がある服で未来に向かって勉強したいですよね。着るだけで、「よし頑張ろう!」って気合が入るような実習服ではないでしょうか。

page top